「働き方改革」が話題となるなか、企業でもさまざまな取り組みがなされています。しかし実態は、テレワークの推進や副業解禁といった制度面の対応や手段の議論にとどまり、働きかたそのものを”改革”するには至っていないように見えます。職場は効率・成果志向が強くまだまだ余裕がなかったり、何から始めたらよいのか分からないという声も聞きます。
ただし、働く当事者は一人ひとりの個人です。行政や会社の施策・制度を待つのではなく、自らあたらしいスタイルを描くことがなにより大切なのだと思います。「時間」「場所」「人」といった視点から、働きかたやくらしかたも含めて考えてみる、そして、小さなことから実践・実験してみることで、さまざまな気づきや発見があるはずです。
今回は、湘南エリアでコミュニティを重視したシェアハウスを運営するHidamariの中原琢さんとご一緒します。湘南は自分らしいライフスタイルを重視する人が多いエリアです。くらしの視点からも考えることで、より多面的にこれからのワークスタイルを描くことができると思います。お気軽にご参加ください!

日時:8/12(日)10:00~13:00
場所:コワーキングスペース チガラボ
   茅ヶ崎市新栄町13-48ワラシナビル5F ※茅ヶ崎駅北口3分
参加費:一般2,000円 メンバー/学生1,500円 (交流会のおつまみ・ワンドリンク付き)
スケジュール:
10:00~10:20 オープニング、自己紹介
10:20~11:00 テーマトーク:湘南で描くワークライフスタイル
11:00~12:00 ディスカッション:Myスタイルを考える
12:00~13:00 交流会

当日は、チガラボ×Hidamariの新企画「Workation湘南トライアル」についてもご紹介します。手軽にいつもと違った働きかたを試してみる、働く場所の自由度を高めてみることを目的に、3ヶ月間・週末中心に、湘南でのワーク・ライフスタイルを体験できるプログラムです。
https://chiga-lab.com/news/2692/

■Hidamariについて
「陽の当たる場所を作る」というビジョンと「多様性を受け入れ、活かす人を増やす」というミッションを掲げ、コミュニティ重視型シェアハウスブランド「ひだまり」( http://sharehouse-hidamari.com )を運営管理する会社です。2012年に熊本で創業し、熊本、福岡、東京、鎌倉・湘南、横浜、埼玉にて事業を展開。現在は、6エリアで合計28棟のシェアハウスを運営しています。

〜湘南・茅ヶ崎エリアについて〜
茅ヶ崎は都内まで1時間ほどの郊外で、自然がゆたかで都内からの移住者も多い。また、相模湾に隣接しているので、温暖な気候で「別荘地」として明治時代から戦前にかけて人気のエリアです。東京の仕事や人間関係はそのままに、海のアクティビティや里山の自然を満喫したり、働きかた・くらし方にふれたりと、移住やニ拠点居住など地域との関わり方を模索できる距離感にあります。

cowork coworkerskitchen coworking coworkingspace nexton Rampart thinkspace鎌倉 warkationnetwork workation コワーキングスペース サードプレイス シェアオフィス スタートアップ チガラボ テレワーク フリーランス リモートワーク 作戦会議 健康経営 働き方改革 旅するように働く 海のある生活 湘南 秋葉原 茅ヶ崎 逗子 鎌倉